家を建てる前に大切な事|地盤調査をしよう

男女

液状化の被害を防止する

アスファルト

地震で液状化が発生してしまうと地盤が歪んでしまって、電柱が斜めになってしまったり建物が斜めに傾いてしまうことがあります。液状化対策をして住宅や建物を地震の液状化被害から守ることが大切です。対策として、建物を建てる前に適切な基礎工事を行う方法があります。建物を建てるときに対策が取れた基礎工事を行う事で、万が一地層が液状化してしまったとしても住宅や建物を液状化被害から守ることができるのです。例えば液状化対策の工事として基礎を固めてから建物を保持する「べた工法」と呼ばれる基礎工事があります。べた工法では、住宅や建物の土壌部分をコンクリートや破砕ブロックなどでしきつめておいて、その上から鉄筋の基礎を作成します。こうした特殊工法を用いることで、液状化対策が取れているしっかりとした建物の建設が可能です。

液状化対策を整えておけば住宅や建物が斜めになってしまったり、液状化が原因となり倒壊してしまうリスクを回避する事ができます。そもそも液状化は土壌粒子の配置が地震によって変動してしまう事により、土壌がまるで水のように流れてしまうことで液状化が発生します。被害が深刻になると範囲が拡大してしまうため、住宅や建物などに大きな被害が及んでしまう事もあるので注意が必要です。また液状化だけでなく、建物が建設されている地下に地下水脈などが多く張り巡らされている地層の場合には、地震の影響を受けて地下水脈が埋まってしまい地面が陥没してしまったり、あるいは陥没してしまった地面の反動を受けて逆に隆起してしまう事があります。べた工法やボーリング工事など、事前に液状化対策だけでも講じておく事で万が一地盤が歪んでしまったときのリスクを抑える事ができるのです。