家を建てる前に大切な事|地盤調査をしよう

男女

安定した地盤が最も重要

メンズ

地盤は変化する存在

近年、欠陥住宅の問題が指摘されるようになり、住宅の安全性に対する基準が厳格化しています。中でも、地盤に関する綿密な調査を行う「地質調査」が注目を集めています。その理由は二つあります。一つ目は、日本は地震が多い国なので、地盤が緩む可能性が高いことが挙げられます。地質調査の結果によっては、住宅の建設に不適切であるという結果が出ることもあり得ます。大きな地震が起きるたびに、地盤は何らかの変化を受けているのです。二つ目は、地盤そのものが生き物のように常に動いている存在であることです。地盤プレートは非常にゆっくりとしたスピードで移動しています。そのため、かつては住宅が安定して建てられていたエリアも、長い時間の後に、不安定な地盤へと変わる可能性も少なくありません。

包括的なデータが重要

対象となる土地に、ビルや住宅を建設する際には、必ず地質調査が必要となります。それを専門に行う業者に依頼し、その結果を見て建設の可否を判断します。業者の選択には「質の高い調査」ができる点を重視し、「価格の安さ」を優先することはお勧めできません。地質の調査は、どのくらいの範囲を調べるかによって料金が大きく異なります。建設予定の物件のエリアだけを調べるのであれば、安くて済みます。しかし、地質は草の根のように地脈が広範囲に張り巡らされており、周囲の地盤の状況も把握する必要があります。したがって、建設を計画している区画を含む、広い地盤の包括的なデータを持っている業者に依頼しなければ、本当の意味での地質調査はできません。