家を建てる前に大切な事|地盤調査をしよう

男性

安定した地盤が最も重要

メンズ

安全な建築物を建てるためには、安定した地盤が必要となります。地盤は常に変化しているものなので、地質調査によって綿密な分析結果が不可欠です。地盤の安定性に影響を与える地脈は広範囲に広がっているため、建設予定エリアを含む広範囲の地盤データが重要となります。

詳細へ

土地に合った調査方法を

重機

家を建てるときには、必ず地質地盤調査が必要です。これは何かあったときに保証の責任を明確にすることが義務づけられたからです。地質地盤調査にはボーリング調査・サウンディング調査・平板載荷試験がありますが、地質地盤が不明な場合には複数を併用することも考えましょう。

詳細へ

地盤の強度の調査

二人の作業員

家を建てる前の調査が大事

日本は地震などの災害が多い国なので、新築する際には災害に強い家を建てることが求められます。地震に強い家は、土台の基礎工事や耐震構造がしっかりしているイメージがありますが、これらと同じくらい重要になるのがその土地の地盤の強さです。なぜなら、いくら耐震性の高い家を建てたとしても、地震で地盤が崩れてしまえば家自体が傾いたりしてしまうからです。土地を購入して家を建てる時に、不動産会社や周りの意見だけを聞いて、地盤調査をせずに家を建ててしまう人がいます。後で地盤が弱いことが分かっても、家を建てた後では地盤改良工事をすることは難しくなります。このようなことから、土地を購入する時は周囲の地盤の強さをある程度調べておき、購入後はしっかりと地盤調査を行うことが大切なのです。

業者は技術と経験が大事

自分の購入予定の土地が地盤調査を終えているなら安心ですが、そうで無い場合は、土地を購入してから地盤調査を行わなければなりません。地盤調査はハウスメーカーによって行われるのが一般的で、中にはハウスメーカーに委託された業者が行う場合もあります。家を建てるうえで、ハウスメーカーとの信頼関係は大事になりますが、適当に地盤調査をする会社に任せるのは不安があります。そのような時は、信頼できる別の業者に依頼することも可能なので、技術と経験がある業者を見抜くことが大切なのです。良い業者を見抜くポイントは、地盤調査をするハウスメーカーや業者が行った工事の施工例を調べることです。もし施工例や調査方法を詳しく教えてくれない業者だったら、考え直して別の業者に依頼しましょう。

液状化の被害を防止する

アスファルト

液状化対策を事前にとっておき、地震や災害に強い基礎工事を行って耐久性がある建物を作る工夫が大切です。地震はいつ発生するかわからない災害でもあり、災害が発生してからの対処では良くありません。事前に対策を取って、信頼性のある建物を建設する工夫が必要です。

詳細へ